<< Strawberry Sound | main | ドージンワーク (4) (限定版) (まんがタイムKRコミックス) >>

スポンサーサイト

  • 2007.11.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


魔王戴天(まおうたいてん)

評価:
陰陽座
キングレコード
¥ 3,000
(2007-07-25)
前作の「画竜点睛」が個人的に煮ても焼いても食えないどうしょうもない出来で、今回も駄目だったらこのバンドもこれっきりかなーとか思ってたんですが、何とか持ち直してくれたようで一安心。
んでも、僕が陰陽座に求めてたおどろおどろしさとか、妖怪をコンセプトにした不気味さとか、荒削りなパワーとかはもうほとんどなくなっちゃってるなーというのが正直な感想です。曲はいいと思うんですけどね。
1st〜3rdあたりの魅力はもう大分薄れてるなーと。
アマゾンでレビューしてた人が「ずっと聴き続けるのはつらいアルバム」みたいな事書いてましたが、まさにそんな感じですね。昔の陰陽座が好きな人は特にそうなんじゃないでしょうか。
けどまあ、このまま行くのも、全然ありだと思います。僕は普通にアルバム買いまっせ。
あと思ったけど、瞬火、歌うまくなったねー。再来週のライブ、二年ぶりにいってみっかなー。

スポンサーサイト

  • 2007.11.24 Saturday
  • -
  • 01:37
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
どうも。はじめまして。
プロになったメタルバンドはどの国も同じですよ。
インディーズがお好きなら、ユーロでも活きの良いのは結構いますね♪
上流はどうしても投資していただける方の事を考えなくてはいけません。
変わるのは致し方なしと思いますよ。
それがプロですから。

好きなようにやりたいのなら、下流で食っていくでしょう。そう言うバンドは日本でも珍しくないと思いますよ。あえて上流に乗らないバンドマンって少なくないですしね。

陰陽座も百鬼繚乱までと言えばそれまでです。
それ以降はプロですから、マスに乗っからないと活きていけません。

因に臥竜点睛ですね。
あれはあれで個性は出てましたよ。魔王よりも。
魔王はオーソドックスなメタルにこだわり過ぎてマスからちょっとはみ出たカンジがしますが、録音や演奏、編集のレベルが今までとは少し上がっている感がしました。

鳳翼麟瞳以降は資金力がついている事から、スポンサーへの配慮が垣間見えます。ですからそこが境になっているものと思いますが、今回の魔王もまた境目の、節目のアルバムだと感じました。
忍法帖を瞬火が唄ってますからね。

個人的に煮ても焼いても食えないどうしょうもない出来
だと思ったのは、私は夢幻泡影でした。
逆に一番好きなのは百鬼繚乱ですね♪

乱筆長文許されたし。
  • テュラン
  • 2007/08/16 4:14 PM
>テュランさん
まさかこんなブログにコメントがつくとは思ってもおらず、かなりびっくりしています。
マジでありがとうございます。あとはじめまして。
結構ビクビクしながら書いてるんですが、レスポンスがあるとやはり嬉しいですね。

>プロ
どの社会でも一から十まで好き勝手やって食っていくのは大変なんでしょうね。
友達の知り合いに小説家がいるんですが、そっちもまあ、同じような感じらしいです。

夢幻泡影も微妙な感じですね。鳳翼麟瞳は結構気に入ってたりします。
一番好きなのは僕も百鬼繚乱ですねー。陰陽座聴こうかなと思ってラックを眺めてると、自然とこれに一番手が伸びますw

コメントありがとうございました。
  • 潮崎
  • 2007/08/17 12:44 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM