<< ハツカネズミの時間 (3) | main | 想うということ―純愛作品集 (Beam comix) >>

スポンサーサイト

  • 2007.11.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


群青

評価:
スピッツ
UNIVERSAL J(P)(M)
¥ 1,000
(2007-08-01)
僕は結構前からスピッツが好きで、Jポップと呼ばれるジャンルの中で、長い間ずっと聴き続けてるのは彼らを含めて、そう多くは無いです。
スピッツのよさは、一般的に言えば「ロビンソン」とか「空も飛べるはず」的な、メロディアスで聴きやすい音という事になると思いますが、僕にとっては初期のひねくれ具合とか、一見ワケわからんけど色々想像できる歌詞とか、そういう所が大好きだったりします。
んで、最近のスピッツですが、ロビンソン的なスピッツの魅力をさらに磨いていっているような、そんな感じがします。
ストレートな言葉を乗せた綺麗なメロディ。少なくとも「魔法のコトバ」からこの「群青」までは、その傾向が強いなーとか感じてます。
かと思えば、カップリングの「夕焼け」では歌詞に「サカリの野良猫」とか「汚れてもいい」とか、僕が魅力を感じてるスピッツの色がちらっと見えたりして、ちょっと嬉しくなったりします。
なんというか、楽しんでるなーと、CDを聴いてて感じます。正直、羨ましいです。

彼らも相当なキャリアを積んで、すっかりベテランの域に達していますが、この調子でまったりマイペースで、末永くファンを楽しませて欲しいですね。

スポンサーサイト

  • 2007.11.24 Saturday
  • -
  • 00:13
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM